〔電子〕栄光なき天才たち4上 川島雄三 島田清次郎ーー~さよならだけが人生だ 早すぎた喜劇作家

森田信吾

2015年11月14日

ゴマブックス株式会社

220円(税込)

漫画(コミック)

日本映画界の“幻の巨匠”川島雄三。 松竹で二本立て興行の添えもの作品ばかりを任され「器用貧乏作家」のレッテルを貼られていた彼は、日活に移ると『愛のお荷物』『洲崎パラダイス・赤信号』『幕末太陽伝』といった作品を次々と世に送り出し、安易なヒューマニズムが蔓延する戦後の日本映画界に一石を投じた。 しかし、川島の描く乾いたユーモアや哀愁は一部の人々を除いて評価されず、自身の肉体的コンプレックスも絡んで、より一層、物事を斜に構えた作品を連発するようになり……。 後世に残る偉業を成し遂げながらも、不遇の人生を送った“栄光なき”天才たち。彼らの人生は、如何なるものだったのだろうかーー森田信吾による異色の偉人伝!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

7

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください