〔電子〕日中十五年戦争史 なぜ戦争は長期化したか

日中十五年戦争史 なぜ戦争は長期化したか

大杉一雄

2012年12月18日

中央公論新社

1,034円(税込)

人文・思想・社会

蘆溝橋事件を引金に日中の戦いは軍部主導のかたちで、ついには泥沼の太平洋戦争に突入していった。しかし、すべての日本人が武力行使の拡大を望み、戦火を座視していたわけではなかった。戦争はあくまで和平工作の最終手段として考え、たえず平和的解決、そのための交渉の努力が模索されていた事実もあった。もし平和的、自主的解決が実現していたならーー歴史におけるイフのタブー視域から、日中の動き、戦争の経過を見据える。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください