〔電子〕日本銀行と政治 金融政策決定の軌跡

日本銀行と政治 金融政策決定の軌跡

上川龍之進

2015年2月13日

中央公論新社

968円(税込)

ビジネス・経済・就職 / 人文・思想・社会 / ノンフィクション

バブル経済崩壊、デフレ、リーマンショック、世界金融危機ーー。日本経済は1990年代以降、長期低迷に陥った。政府の景気対策は有効に働かず、政治家、エコノミストらの批判は、インフレを懸念し、腰が重い日本銀行に集中する。本書は、速水優、福井俊彦、白川方明、黒田東彦ら4人の日銀総裁を通し、自民・民主両政権から、景気回復、民意を大義名分に、独立性を奪われ、政治に屈服していく日本銀行の軌跡を描く。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください