〔電子〕プーチンとロシア人

プーチンとロシア人

木村汎

2018年2月9日

産経新聞出版

1,980円(税込)

人文・思想・社会

クリミア、シリア、北朝鮮ーー 世界激動のキーマンは、戦争をどう捉えているのか。 「勝利をもたらす小さな戦争」の愛好者であり、その戦術使用の名人でもある プーチンの闘争哲学を、ロシア研究の第一人者が人間学的アプローチで読み解く。 交渉は闘争、交渉は戦争、交渉は武器 ロシア人の国境観、領土観、戦争観は日本人とまったく異なる。 彼らには「固有の領土」という概念はない。 防衛的膨張主義ーー防衛の名目のもとに、結果においてはれっきとした膨張に終わる ーーに代表されるロシア人の本質を知らなければプーチンは解けない。 この3月の大統領選挙で今後6年、トータル24年もの間、ロシアのトップに君臨する男は、 どんなトリックで自国を実力以上に見せているのか! 経済がどん底であるにもかかわらず、なぜ世界に影響力を持ちうるのか! 【主な内容】 第1章 背景ーー日本とは対照的な地勢的環境 第2章 性格ーー自由を求め、かつ混沌を嫌う二面性 第3章 政治ーー「力は正義なり」が中央集権化を生む 第4章 外交ーー強い国にも強気、弱い国にも強気 第5章 軍事ーー不安ゆえの「過剰防衛」癖 第6章 交渉ーー交渉は闘争の手段 第7章 連続ーー体制変化で「新しい人間」は必ずしも生まれず 第8章 労働ーー資源依存症で働くことは大嫌い 第9章 技術ーー外国からの拝借思想の限界 第10章 社会ーー奇妙な結託、プーチンと国民は共犯者

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください