〔電子〕幻の将軍 (下)

幻の将軍

河原よしえ

2016年2月22日

アドレナライズ

495円(税込)

小説・エッセイ

国の危機を救い人望を集める若き将軍、しかし「彼」を暗殺せんと恐るべき罠が張られていた  異常なまでの民族主義者であったアシュの高官ダルフルと、王位継承権の順位の低さから隣国アシュを掌中に収めようとするディルの王族ウルバ。二人の策謀によって、現在アシュでは、アシュ人と先住民族メルタ人との対立が先鋭化していた。フレイが人違いされたのは、この混乱を治めるために呼び戻された、前アシュ王とメルタ人の寵姫の間に生まれし異端の王子だった。行方不明の幼馴染を捜すため、そして父が復刻した伝説の剣を本物にするため、懸命に将軍職を務めるフレイ。その姿は、徐々に人々の心を解かしていった。 ●河原よしえ(かわはら・よしえ) 東京都杉並区出身。小学生時代から漫画家を目指しつつ、1975年にアニメーション制作会社、株式会社サンライズ(旧・有限会社サンライズスタジオ)でアルバイトを開始。翌1976年からは企画室所属の契約社員として、設定制作、文芸、企画などを『風間洋』名にて担当。1984年『重戦機エルガイム』で脚本、1989年に企画を担当した番組のノベライズ『鎧正伝サムライトルーパー』で小説家デビュー。趣味である古代エジプト学の知識を元にしたファンタジーをはじめとする小説や、ムック本の解説などの他、ラジオドラマ脚本、作詞など、活動は多方面。古代エジプト学、博物学、イラスト、マンガ製作、最近はホビーロボット大会のボランティア活動等が趣味。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください