〔電子〕もうれつ先生〔完全版〕【上】

モウレツセンセイ

寺田ヒロオ

2014年2月23日

パンローリング

1,100円(税込)

漫画(コミック)

テラさんの代表作『暗闇五段』の原型となった 柔道漫画が幻の第二部を完全収録して帰ってきた! あらすじ かつて講道館の赤鬼とよばれた青年柔道家もうれつ先生は、長い修行の旅を終えもうれつ道場を開いた。無敵の強さと心優しい人柄がたちまち評判となり、道場の入門者は後を絶たない。やがて、講道館柔道五段の美女鬼姫と鞍馬山でともに修行した親友黒鬼が、もうれつ先生のもとに集まり道場は毎日にぎやかだ。 ところが、もうれつ先生を妬む黒帯道場の門弟たちがもうれつ道場を襲撃。鬼姫と黒鬼の活躍で追い払うものの、講道館の実力者である青鬼が影で黒帯道場を操っていることが明らかになるのだった。果たして青鬼の狙いとは?そして、もうれつ先生が道場を開いた本当の理由とは? 主な登場人物 ●もうれつ先生…かつて講道館の赤鬼とよばれた正義の柔道家。 ●染井吉野…美人だが柔道五段の猛者なので皆から鬼姫と呼ばれる。 ●黒鬼…もうれつ先生の親友で、ともに鬼天流柔道を修行した仲。 ●グラチン・ボコチン・デコチン…もうれつ道場一番弟子のわんぱく三人組。 ●青鬼…講道館実力ナンバー1。過去にもうれつ先生と因縁がある。 ●五船十段…講道館の代表者。もうれつ先生の育ての親でもある。 上巻初出 「少年」(光文社) 昭和33年(1958年)1月号〜12月号 【著者紹介】昭和6年8月4日新潟県巻町生まれ。電電公社(現:NTT)に就職するが漫画家への夢を捨てきれず、昭和28年に上京。同年「漫画少年」での掲載からキャリアをスタートさせる。 昭和32年6月まで東京椎名町のアパート「トキワ荘」で暮らし、若い漫画家たちと交流を深め、藤子不二雄氏らとともに“新漫画党”を結成。日本漫画界の発展に貢献した。 代表作は『背番号0』『スポーツマン佐助』『スポーツマン金太郎』『もうれつ先生』『暗闇五段』など多数。 平成4年永眠。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

3

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください