〔電子〕喪服の群れ

女家元と令夫人と女秘書

冬木弦堂

2016年9月9日

フランス書院

990円(税込)

小説・エッセイ

「どうか、清美にもっと罰を与えてください……」喪服で緊縛された肢体を揺らして啜り泣く未亡人。女陰の奥で蠢動する淫具、白足袋に垂れる愛液。夫亡き後、名門流派を継いだ女家元に仕組まれた罠。門弟の美人秘書(28)、令夫人(38)も巻き込まれ、三匹の和服美女が啼き狂う獣宴が幕を開ける!

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

2

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください