〔電子〕変わる? 北方領土の戦略性─日ロの深化とプーチンの安保政策

マイクロコンテンツNo.13

e-World Premium Micro Contents

小泉 悠

2016年9月8日

時事通信社

220円(税込)

人文・思想・社会

8月16日、北極圏に面したムルマンスクのロシア北方艦隊基地から、1隻の潜水艦が出港した。最新鋭の955型(ボレイ型)弾道ミサイル原子力潜水艦(SSBN)の3番艦「ウラジミール・モノマフ」である。向かう先はカムチャツカ半島の先端部にあるペトロパブロフスクで、ここにはロシア太平洋艦隊の原潜基地が置かれている。原潜モノマフは北極海から北太平洋に至るこの航海を全て潜航状態で行うことになっており、本稿が出る頃にはペトロパブロフスクのビリュチンスク基地で「パンと塩の歓迎」(旅人をもてなすロシア式の歓迎)を受けていることだろう。 ※本作品は、e-World Premium Vol.32(2016年9月号)に掲載済みです。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください