〔電子〕悪徳商法ハメさせ記 新興詐欺との飽くなき闘争

多田文明

2013年7月11日

CLAP

299円(税込)

ビジネス・経済・就職

迷惑メール、スパム、新興宗教、色じかけ……いかにもあやしい危険な罠に飛び込んだらどうなるのか? キャッチセールス評論家の著者が騙されるところまで騙されつくす驚愕のルポ! ■内容〉第1章 スケベ心につけこむ詐欺商法  1、エンゲージリング商法ーーもれなく美女がついてくる!?  2、出会い系サイト商法ーー出会いはあるか?  3、マルチ商法ーーサークル内の勧誘で人間関係が破綻 第2章 セミナー詐欺商法  1、自己啓発セミナー商法ーー向上心を利用する  2、趣味のセミナー商法ーー趣味からの誘導 第3章 スピリチュアル系商法  1、オーラ商法ーー「悪霊が見えるって?」  2、エネルギーグッズ販売ーー超能力の効果とは  3、オカルト新説ーー壮大なフィクション 第4章 不幸につけこむ詐欺商法  1、がん予防ビジネスーー素人によるがんの宣告  2、霊媒商法ーー体の不調は霊のせい  3、占い鑑定商法ーー進めばわかる? 第5章 代理販売詐欺商法  1、健康器具の代理店ビジネスーー健康ブームの落とし穴  2、やせる下着商法ーー美人への渇望  3、チラシ配布ビジネスーー安いものには裏がある 第6章 在宅ワーク詐欺商法  1、ホームページ作成商法ーー必ず発生する諸経費  2、筆耕ビジネスーーランクによって時給が変わる  3、教材商法ーー資格取得までの道のり  4、二次資格商法ーー修了しないと契約違反 第7章 裏情報詐欺  1、「裏情報」ビジネスーー脱法は通用するか  2、架空請求詐欺 第8章 悪徳業者の手口8ヵ条 第9章 勧誘先からの脱出マニュアル ■〈まえがき〉より抜粋 悪徳商法を行う業者は、ターゲットにした相手から多額の金をひっぱるために、まずどう料理するかを考える。ある意味、ターゲットは彼らの食材である。そこで業者が重要視するのは、相手が料理しやすい人間かどうかだ。つまり、これから行う騙しの手口に、ひっかかりやすい人間かどうかを見極めようとする。 悪徳業者にとっての騙されやすい人とは、まず自分たちの話の腰をおらずに素直に聞いているかである。そこで私は横柄な態度を取らず、従順な姿勢をとるように努める。私を狩ろうとする狼たちに対して、私自身をいかに従順な羊に見せるかにいつも腐心している。 ここに載っている業者は、私を羊とみるや、一気に刃を向けてきたものたちの記録でもある。悪徳業者は私を罠にかけたつもりであろうが、勧誘実態を書かれることで、逆に私にハメられてしまったというわけである。とくと「悪徳商法ハメさせ記」をご堪能、頂ければと思う。 ■著者略歴〉 多田文明(ただ・ふみあき) ルポライター、キャッチセールス評論家、悪質商法コラムニスト。 1965年北海道生まれ。日本大学法学部卒。雑誌「ダ・カーポ」にて「誘われてフラフラ」の連載を担当。2週間に1度は勧誘されるという経験を生かしてキャッチセールス評論家になる。これまでに街頭からのキャッチセールス、アポイントメントセールなどの潜入は100ヵ所以上。キャッチセールスのみならず、詐欺・悪質商法、ネットを通じたサイドビジネスに精通する。 著書には『ついていったら、こうなった』『なぜ、詐欺師の話に耳を傾けてしまうのか?』(以上、彩図社)、『クリックしたら、こうなった』(メディアファクトリー)、『崖っぷち「自己啓発修行」突撃記』(中公新書ラクレ)、『ついていったら、だまされる』(イースト・プレス)などがある。

本棚に登録&レビュー

みんなの評価(0

--

読みたい

0

未読

0

読書中

0

既読

0

未指定

1

書店員レビュー(0)
書店員レビュー一覧

みんなのレビュー

レビューはありません

Google Play で手に入れよう
Google Play で手に入れよう
キーワードは1文字以上で検索してください